mellow tempo -めろうてんぽ-

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

デジタルトラディショナルモノクローム

E-PM2、いつでも持っていられる携帯性と安心感は気に入ってはいるんですが
せっかく買ったのにファインダーが無いことと、塗り絵画質があんまり気に入らないことが相まって
最近は出番が少なくなってしまってました。フィルムカメラの露出計代わりになってたり…苦笑

それじゃせっかくのいい機材が報われないと思って、使い方を試行錯誤したわけで。

PA110110.jpg

PA110111.jpg

PA110118.jpg

PA110119.jpg

PA110124.jpg


どうせなら一眼レフに出来ない楽しみ方で差をつけようと思って、何番煎じだよって感じだけど、
モノクロ設定にしてシャープネスとコントラストを最大まであげて感度を馬鹿みたいに上げるっていう
擬似トラディショナルモノクロームをやってみたら、これが面白くって。

PA110128.jpg

PA110131.jpg

PA110133.jpg

PA110134.jpg
↓コントラストを下げると今風の黒白フィルムっぽいようなそうでないような。また印象変わります。
PA110135.jpg

アートフィルターはなんか違う気がしてるんですよね。ラフモノクロームだったかな。
でもこういう設定で撮ってみたら納得のいく画が出てきました。

PA110148.jpg

PA110154.jpg

PA110155.jpg

PA110158.jpg

PA110166.jpg

しかもノーファインダーで片手でホールドそのままシャッター押すだけみたいな撮り方と
コンデジライクな見た目も相まって威圧感がないからストリートスナップもどきが快適に出来る。
大体皆さん身構えないから上手くいく。オリの手ブレ補正とレンズの明るさ、超好感度設定で片手で振り回して撮ってもOK

PA110179.jpg

PA110181.jpg

PA110198.jpg

PA110201.jpg

PA110211.jpg

PA110214.jpg

ちなみにISOは12800設定です。マイクロフォーサーズでIso12800ですよ。
モノクロにすると見れてしまう不思議。
夜の撮影が無茶苦茶楽しくなりました。一周回ってやっぱり絞りオートが楽で楽しいね。



2014.10.11
Kego-Daimyo-Imaizumi-Tenjin in Fukuoka City
(OLYMPUS PEN E-PM2 + LUMIX G 20mm/F1.7 ASPH. H-H020)
スポンサーサイト

| OLYMPUS PEN E-PM2 | 22:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

SIGMA 30mm F2.8 EX DN 自由作例2

前回は拍手どうもでした!励みになります。
引き続きマイクロフォーサーズ用シグマ30ミリの作例記事です。ボディはPEN E-PM2です。

sigma30_2

sigma30_2[1]

sigma30_2[2]

sigma30_2[3]

sigma30_2[4]

sigma30_2[0]

sigma30_2[1]

sigma30_2[2]

sigma30_2[3]

sigma30_2[4]

sigma30_2[5]

sigma30_2[6]

sigma30_2[7]

sigma30_2[8]

sigma30_2[9]


サイズ大きくしてもやっぱり圧縮が汚いなぁ、設定今度から変えます。



水平とれてへんよ!っていうツッコミが聞こえてきそうですね…(苦笑)
小さいカメラでしかもファインダーが無いんで難しいんです。水準器もないし。(言い訳)

買った当初好きな色が出なくて困っていたJPEG撮ってだしも設定で好みに近づけることができました。
オリンパスの鮮やかさも残しつつ自分の好きな感じに落ち着きました。
大していじってないんですけどね。
ピクチャーモード「ナチュラル」に彩度とコントラストを両方マイナス1にしてます。
あと、余談ですが画面が初期設定だとめちゃ明るいので最初は露出がイメージと全然違った写真ばっかりになってました。
今は輝度をさげてビビッド設定じゃない方にしてます。初期設定は画面がきつすぎる…



さて、レンズなどの話ですが、
マイクロフォーサーズの利点の一つ(欠点でもあるけど)に
大型センサー機より被写界深度が深い事が挙げられると思います。
このレンズは開放から解像度がとても高い気がします。(比較対象はあくまでキットレンズです)
また、F4~F5.6あたりに絞ればかなりの解像感があるので
(この辺りがピークでしょうか、比較もしてませんしデータも知らないのでなんとも言えません、すみませんw)
速いシャッタースピードを保ちながらパンフォーカスで撮ることが比較的得意なのではないでしょうか。

個人的には自然の風景より人工物を撮らせた方がレンズの性格にはまってると思います。
このレンズとデジタルPENで夕方のみなとみらいとかを気軽にスナップ撮影したいです。遠いから散歩気分じゃ無理やん…w

柔らかそうな雲の表現とかうまいこと写してくれたのはちょっと意外でした。
コイツ、ボケないことと若干暗いこと以外は万能かも。
やっぱりハイキーよりローキーな方が好きな描写します。個人的にはね。


(OLYMPUS PEN E-PM2 + SIGMA 30mm F2.8 EX DN)

| OLYMPUS PEN E-PM2 | 01:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

SIGMA 30mm F2.8 EX DN 自由作例

マイクロフォーサーズ用のSIGMA 30mm F2.8 EX DNを購入しました。
拙作ですが写真を載せたいと思います^^
ボディはE-PM2です。

sigma30[4]

sigma30[6]

sigma30[12]

sigma30[2]

sigma30[15]

sigma30[25]

sigma30[30]

sigma30[40]

sigma30[42]

sigma30[22]

sigma30[48]

sigma30[52]

あーもっと低圧縮の方がこのレンズの魅力が伝わったかもしれません…圧縮が汚すぎますね失敗しました…

私のこのレンズの印象は、クッキリ艶やかで凄く解像するなぁという風な感じです。
世に言われてる評判通りのことしか言えなくてすみません笑
クッキリパッキリ写したくなるレンズですがボケも綺麗です。派手にボケませんが丸ボケが良い印象です。
ただボケ始めの境界が若干突然過ぎる気がしてそこが少し気に入りません。絞り開放でそれが顕著に出る感じします。

色乗りは自然な感じだと思いました。オリ45ミリはなんだか寒色系の色になる気がするのですが、気のせいかな。全く根拠はないです。
逆光には強いですね。つけてた安物フィルタの方が余程弱かった。フィルタを外せば強い逆光でもフレアは出ませんでした。

アンダーな写真ばかりですが、私個人的には露出アンダーめの描写がとても気に入ってます。
パキッとした画面にしっとり感が加わる気がするんです。え、気のせいですかね?笑


(OLYMPUS PEN E-PM2 + SIGMA 30mm F2.8 EX DN)

| OLYMPUS PEN E-PM2 | 00:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

六角形の光点ボケとほんのちょっとの賑やかさはチャームポイント。2

nikomat_10_20000020.jpg

nikomat_10_20000015.jpg

nikomat_10_20000014.jpg

nikomat_10_20000017.jpg

nikomat_10_20000019.jpg

nikomat_10_20000021.jpg

nikomat_10_20000022.jpg

nikomat_10_20000023.jpg



2013 10月 撮影
使用カメラ : Nikon Nikomat FTN (NIKKOR-H・C Auto 1:2 f=50mm)
使用フィルム : FUJICOLOR SUPERIA X-TRA 400

| Nikon Nikomat FTN | 16:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

六角形の光点ボケとほんのちょっとの賑やかさはチャームポイント。

nikomat_10_20000007.jpg

nikomat_10_20000008.jpg

nikomat_10_20000009.jpg

nikomat_10_20000010.jpg

nikomat_10_20000012.jpg


2013 10月 撮影
使用カメラ : Nikon Nikomat FTN (NIKKOR-H・C Auto 1:2 f=50mm)
使用フィルム : FUJICOLOR SUPERIA X-TRA 400

| Nikon Nikomat FTN | 09:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。